キャッシング 申し込みの舞台裏

キャッシング申し込みをしていて、あそこは落ちたのに、此処では通ったという不思議な現象が発生した事ありませんか。別に総量規制に該当しているわけでは無いのに、なぜ最初の所は落ちたのだろうと訝しげに思われるでしょう。この違いがなぜ起こるのか、解説しています。

・会社毎の基準が違う

全ての正規業者は総量規制を当然守るのですが、それ以外の項目について違いがあります。例えば、信用情報で見られる事故情報記録も、通常3回行うと大体の会社も貸してくれませんが、中には3回でもケースバイケースて対応してくれる所もあります。

・季節要因がある

通常、ボーナス月の6月、12月は各社とも審査通過率が下がる時期です。一般的にお金が潤沢にあるはずの月に借りに来る人は危険と思われる傾向があるんですね。6月に審査落ち、次の月に改めて別の所で再チャレンジしたら通ったといった話はよく聞きます。

・担当者によって違う

実は融資するか否かは担当者の裁量が大きく左右されます。いい担当者に当たったら通るかもしれません。

いかがでしたか、一つの所で落ちたら時間を置いて再チャレンジしてみると、上記の理由で審査通過するかも知れませんので是非試してください。