すぐお金を借りる事が出来る以外で自動契約機で申し込みをするメリット

アコム、プロミス、アイフル、モビットなど大手の消費者金融は自動契約機が設置されていてキャッシングの申し込みが出来るようになっています。自動契約機は無人の個室スペースになっていてガイダンスの指示に従って手続きを進めていきます。それで契約が完了した後にカードが発行されるのですぐお金を借りる事が出来るというメリットがあります。

また自動契約機で申し込むとすぐお金を借りる事が出来る以外にもメリットがあるので見ていく事にしましょう。

自動契約機は無人の個室スペースになっているので申し込みをしている時に誰かに見られるという心配がありません。入室したらドアが自動で施錠されますし外から中の様子は見えないようになっています。そのため周囲を気にしないでキャッシングの申し込みが出来るというメリットがあります。しかし手続き中に担当者と会話する必要があるのでその辺りはしっかり頭に入れておきましょう。

自動契約機は22時近くまで営業しているので21時までに申し込み手続きが完了すれば即日融資に対応してくれます。そのため仕事などで遅くなってしまった時でも自動契約機で申し込みをすれば即日融資を受ける事が出来るというのもメリットと言えるでしょう。

キャッシング 申し込みの舞台裏

キャッシング申し込みをしていて、あそこは落ちたのに、此処では通ったという不思議な現象が発生した事ありませんか。別に総量規制に該当しているわけでは無いのに、なぜ最初の所は落ちたのだろうと訝しげに思われるでしょう。この違いがなぜ起こるのか、解説しています。

・会社毎の基準が違う

全ての正規業者は総量規制を当然守るのですが、それ以外の項目について違いがあります。例えば、信用情報で見られる事故情報記録も、通常3回行うと大体の会社も貸してくれませんが、中には3回でもケースバイケースて対応してくれる所もあります。

・季節要因がある

通常、ボーナス月の6月、12月は各社とも審査通過率が下がる時期です。一般的にお金が潤沢にあるはずの月に借りに来る人は危険と思われる傾向があるんですね。6月に審査落ち、次の月に改めて別の所で再チャレンジしたら通ったといった話はよく聞きます。

・担当者によって違う

実は融資するか否かは担当者の裁量が大きく左右されます。いい担当者に当たったら通るかもしれません。

いかがでしたか、一つの所で落ちたら時間を置いて再チャレンジしてみると、上記の理由で審査通過するかも知れませんので是非試してください。

アルバイトや派遣社員でも消費者金融の申し込みは可能

最近はワークスタイルが多種多様なので正社員の数が減っていきアルバイトや派遣社員が増えてきています。そこで消費者金融の利用条件は20歳以上で安定した収入がある人となっているのでアルバイトや派遣社員は収入が安定していないと判断して利用出来ないと考えてしまう人も多いようです。

しかしアルバイトや派遣社員でも月に一定の収入があるので安定した収入があると言えます。また利用条件にアルバイトや派遣社員が利用出来ないとは記載されていません。そのためアルバイトや派遣社員でも消費者金融を利用する事は可能なのです。

消費者金融は総量規制の対象になるので年収の3分の1以上の借り入れをする事は出来ません。そのため収入の少ないアルバイトや派遣社員は利用限度額が少なくなってしまいます。

また金利が高く設定されているので長期に渡る借り入れをしてしまうと利息が多く加算されてしまいアルバイトや派遣社員のとってはリスクが高いです。アルバイトや派遣社員が消費者金融を利用する時は少額借りて早めに返済する事は心掛けなければいけないでしょう。