キャッシングの比較の大切さについて

キャッシングを初めて利用する場合には業者選びが大切です。業者には銀行がお金を貸してくれる銀行ローンやモビットのように銀行の子会社が行っているもの、消費者金融業者と大きく分けると3つのパターンがあります。銀行ローンの特長としては金利が安いことと総量規制の対象外となることで借り手からするとメリットの大きさが際立っています。逆に審査が厳しいため過去にカード会社で返済遅延や破産経験がある場合には審査が通らない可能性は充分あります。すぐに借りたい場合にもスピード感に欠けているデメリットも否定できません。

銀行の子会社と消費者金融との違いは軽微ですが、審査という視点では一般的に消費者金融が通りやすいと言われています。消費者金融の中でも金利が安めなのがプロミスとアイフルです。アコムが若干高めの金利となっていますがアコムにはクレジットカード機能が付与されるためカードが必要な方はアコムを選択することをお勧めします。しかも家族にも知られずにカードを持つことに重きをおく方には貴重な業者なのです。カードを作る方法は簡単です。

アコムのウェブサイトにアクセスし申し込みをした後に無人の自動契約機でカードが受け取れる仕組みです。しかも国際ブランドのマスターカードのため汎用性は抜群です。この様にキャッシングと言っても業者により違いがあるため、充分に調べた上で借りることをオススメします。

アコムとプロミスの限度額の比較と利用する時の注意点

大手消費者金融のアコムとプロミスは融資スピードが優れていて申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。申込方法も自動契約機、インターネット、店頭窓口といろいろあるので自分の都合に合わせる事が出来るのですごく便利です。お金を借りる時は限度額も気になるところですが、アコムとプロミスの限度額の設定が異なるので見ていく事にしましょう。

・アコムの方が限度額が高く設定されている

アコムとプロミスの限度額を比較してみるとアコムが最大で800万円、プロミスが最大で500万円となっています。消費者金融でお金を借りる時は限度額が500万円でも十分ですが、多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムを利用した方がいいでしょう。

・金利が高く設定されているので借り過ぎには注意

多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムの方が適していますが、消費者金融は金利が高く設定されているので借り入れをする時に加算される利息が多くなります。多額の借り入れをして返済が長引いてしまうと返済が困難になる事もあります。。特に限度額が高く設定されているアコムを利用する時は借り過ぎに注意する必要があるのでしっかり頭に入れておきましょう。