主婦がキャッシングの利用を検討する場合

キャッシングは様々な方が利用出来るお金に便利なサービスですが、主婦の場合でも利用する事が出来るのか気になっている方も多いのではないでしょうか。基本的にキャッシングは仕事をしており、安定した収入を得ている事が利用する上での条件になっています。主婦の場合は仕事をしていない専業主婦の場合も多いですが、消費者金融のキャッシングを利用することができるのでしょうか。専業主婦の場合は消費者金融のキャッシングを利用できないと、一概に言えないものがあります。

専業主婦の場合でも申し込みを行うことが可能で、審査結果によってはキャッシングを利用することが可能になります。専業主婦の場合は、配偶者の信用情報なども参考にする事になるので、配偶者が消費者金融にとって信頼できる相手の場合は、契約を行うことが可能になります。必ず審査に通るというわけではありませんが、消費者金融のキャッシングを利用する場合は配偶者に相談して、利用を検討するようにしましょう。またパートなどで収入がある場合は、審査で有利になる場合もあります。このように主婦でも消費者金融のキャッシングを契約することは可能になってので、状況に合わせて利用を検討してみても良いのではないでしょうか。

銀行のおまとめローンの審査は厳しいの?の本当の答え

ネットの情報を見ていると、1.銀行のおまとめローンと2.銀行のおまとめ目的のカードローンをゴッチャに考えて解説している人が多いので、キチンとした解説をします。

1.の銀行のおまとめローンはそもそも契約自体が違います。導入は東京スター銀行が1番はやく、消費者金融から借り換えに特化した銀行の融資という名目でスタートしました。返済方式は5年間の元利均等返済方式が主流で現在の残高スライドリボリビング払い方式とは全く違います。もっと言うと、融資が実行された後、銀行から直接消費者金融に返済するなど他の用途に使用することを厳しく制限していたローンです。

2.の銀行のおまとめ目的のローンは、単純に普通のカードローンの借入目的をその他にして、担当者に消費者金融からの借金を返すためですと伝えた場合のローンです。

1.と2.のどちらが審査が厳しいのかというと、ちょっと考えればわかることで、2.は普通のカードローンの審査と変わらない(ギャンブル目的よりは印象が少しいい程度)、2.は借入が返済目的に特化しているので、多少色眼鏡で見れるものの、返済後新たな借入を止められないのだから、こちらもそんなに変わらないと言えます。

因みに、現在は①のおまとめローン形式は余り意味がないので、スター銀行を含めこの形式のおまとめローンの新規申し込みは停止して、普通のカードローンにサービスを統合する流れが多くの金融機関で見られます。