キャッシングというのは主婦でもできるのか

主婦でもいきなりお金が必要になることがあるでしょう。多くの場合、主婦では貸してくれるところが殆どないといえるのですが、言うまでもありませんが、これは収入がないからです。ですから、主婦であろうともパートなどをしているのであれば貸してくれるところは意外とあります。

ですから、まずはパートをしているのかどうか、ということが大事になるといえるでしょう。そもそも収入がない人に貸してはいけない、というのは消費者金融です。ですから、銀行系というのは、まったく関係ないことになります。総量規制というのは、あくまで銀行系には適用されないことになっています。

しかし、だからといって銀行系であろうとも収入がない人には貸すことはないのです。あくまで安定している収入、ということを条件にしているところが殆どになりますから、これは覚悟しておきましょう。キャッシングサービスというのは、いざというときにお金を借りることができるようになります。

ですから、非常に助かるサービスであるのは確かでしょう。主婦でも使えるようにしておくことができるならば、それはそのほうが良いに決まっています。しかし、あくまで収入が必要になるのです。ここはよく理解しておきましょう。

カードローンとキャッシングの利用をする前に

最近キャッシングの広告がものすごく多くなってきました。

スマートホンでネットにつなげば、ほとんどのページからポップアップの広告から

銀行系カードローンのページに行きつくことができます。

銀行系カードローンは審査に要する書類が少なく、お手軽に借りることができるため

おそらく多くの人が利用していると思われます。

審査も高い金利のゾーン(10%以上)の融資額までは甘いと思います。融資額200万までは、

収入にもよりますが、主婦であっても審査を通ることが多いようです。

ただ、3%~5%の多額融資の場合は、まとめローンをうたっていても、ほとんど審査には通りません。

3件以上の借り入れがある場合は、まとめようとしてもまとめられないことがあることを、肝に銘じておきましょう。

こうしてみると、クレジットカードに付随しているキャッシング機能は、カードと連動していることもあり

お手軽で使いやすいかもしれませんが、金利も高く、ATM手数料も結構かかるため、銀行系カードローンによるキャッシングの方がやや

お得かもしれません。

ただ、使いやすいということはそれだけ債務も増えやすいということになります。「ご利用は計画的に」

というフレーズをよく耳にしますが、実際は「返済は計画的に」の感覚の方がいいかもしれません。

キャッシング 申し込みの舞台裏

キャッシング申し込みをしていて、あそこは落ちたのに、此処では通ったという不思議な現象が発生した事ありませんか。別に総量規制に該当しているわけでは無いのに、なぜ最初の所は落ちたのだろうと訝しげに思われるでしょう。この違いがなぜ起こるのか、解説しています。

・会社毎の基準が違う

全ての正規業者は総量規制を当然守るのですが、それ以外の項目について違いがあります。例えば、信用情報で見られる事故情報記録も、通常3回行うと大体の会社も貸してくれませんが、中には3回でもケースバイケースて対応してくれる所もあります。

・季節要因がある

通常、ボーナス月の6月、12月は各社とも審査通過率が下がる時期です。一般的にお金が潤沢にあるはずの月に借りに来る人は危険と思われる傾向があるんですね。6月に審査落ち、次の月に改めて別の所で再チャレンジしたら通ったといった話はよく聞きます。

・担当者によって違う

実は融資するか否かは担当者の裁量が大きく左右されます。いい担当者に当たったら通るかもしれません。

いかがでしたか、一つの所で落ちたら時間を置いて再チャレンジしてみると、上記の理由で審査通過するかも知れませんので是非試してください。

キャッシング利用の申し込み

キャッシングを利用する際の申込みの手続きは、ネット上で行うことの可能な例が多くなっています。

キャッシングのサービスを展開する金融機関が、専用の申請ページを設けていることが多くなり、こうした動きに繋がっています。最近では、ネットを介してキャッシングの申込みをする人が飛躍的に増加し、この動向は普遍的なものとして捉えられているのではないかと推測されています。

簡単に申込みを行うことが可能な点が、キャッシングのネットでの申請のメリットのひとつとしてしばしば取り上げられています。

また、かつてよりもキャッシングの申込みを簡単に進められることも利点としてしばしば取り上げられるようになり、関心の度合いが高まりつつあるのではないかと思います。今後もキャッシングの申込みを、ネットを通じて行う人が更に多くなると考えられており、関心が寄せられています。また、より多くの金融機関が、ネットでの申込み環境を整備していくのではないかと思います。