アルバイトとして働いている人のキャッシングの利用について

現在では正社員としてではなくアルバイトなどの非正規雇用の仕事に就いて生計を立てている人も珍しくはありません。しかし、そのような雇用体系の人がお金を借りたいと思ったとき、非正規雇用者という点がナックとなってしまい審査に落とされてしまうことはまれなケースではありません。

特に金融機関から融資を受けたい場合にはその傾向は顕著で、非正規雇用であるという点が審査に落とされてしまう要因となることが多く見られます。しかし、消費者金融のキャッシングの場合には事情が異なってきます。消費者金融のキャッシングならばアルバイトなどの非正規雇用者であったとしても、その収入が安定しているものであれば審査に落とされる心配はほとんどなく、無事に融資を受けることが可能です。

アルバイトでもキャッシング出来るのか?

キャッシングは借金の1つですが、便利に使うことが出来れば生活が非常に豊かになります。
しかし昨今では働き方が変わり、アルバイトやパートで生計を立てている方も少なくありません。そんな方でもキャッシングをすることが出来るのでしょうか?

結論から言うと「出来る」というのが回答です。しかしアルバイトはキャッシングに不利なのではないかと考えるのは自然なことですよね。
アルバイトは年収も低く、不安定だから不利だと決めつけてしまっている方も少なくありません。
ところが、アルバイトでもキャッシングをすることは可能となっています。

中には年収100万円未満でも審査に通った方もいるのです。
勤続期間についても半年未満でもキャッシングの審査を通った方もいるため、アルバイトだからと最初から諦めることはないのです。
この審査に通らない大きな要因は、他社からの借入状況や金融事故の履歴です。例えば既に複数業者から借入を行っていたり、長期滞納がある場合などは新たにキャッシングをすることは難しいでしょう。

しかし上記の事項が当て嵌まらない場合は、問題なくキャッシングをすることが出来る可能性が高いため、キャッシングを行いたい方は自身を持って申し込みを行いましょう。

アルバイトや派遣社員でも消費者金融の申し込みは可能

最近はワークスタイルが多種多様なので正社員の数が減っていきアルバイトや派遣社員が増えてきています。そこで消費者金融の利用条件は20歳以上で安定した収入がある人となっているのでアルバイトや派遣社員は収入が安定していないと判断して利用出来ないと考えてしまう人も多いようです。

しかしアルバイトや派遣社員でも月に一定の収入があるので安定した収入があると言えます。また利用条件にアルバイトや派遣社員が利用出来ないとは記載されていません。そのためアルバイトや派遣社員でも消費者金融を利用する事は可能なのです。

消費者金融は総量規制の対象になるので年収の3分の1以上の借り入れをする事は出来ません。そのため収入の少ないアルバイトや派遣社員は利用限度額が少なくなってしまいます。

また金利が高く設定されているので長期に渡る借り入れをしてしまうと利息が多く加算されてしまいアルバイトや派遣社員のとってはリスクが高いです。アルバイトや派遣社員が消費者金融を利用する時は少額借りて早めに返済する事は心掛けなければいけないでしょう。