銀行カードローンでおまとめローンした場合に行っておきたいこととは?

銀行カードローンでおまとめローンをすることは、貸金業法に基づくおまとめローンに比べ一本化出来る対象が増える上、低金利が魅力的になります。しかし、近頃問題視されているのが総量規制対象外の銀行カードローンで総量規制対象となる消費者金融の借り入れを纏めた場合、より高額な借金になる可能性です。

年収300万円の人が貸金業者から借り入れ出来る上限は100万円ですが、銀行カードローンに規制はなく100万円を借り換え、消費者金融から追加で100万円の借り入れが出来るということです。結果として、200万円の借り入れが出来てしまうことになります。

確かに重大な問題となるものの、銀行や保証会社も貸し倒れのリスクを回避することとなり、審査や与信状況の確認が今後は厳しくなる可能性があります。そのため、消費者金融からの借り入れをおまとめした際は、不要なキャッシング契約は一度解約してしまうことがおすすめになります。

この場合、消費者金融との契約が残っている状態では、いつでも借り入れが出来る状態と判断され、契約の更新や増額審査に不利になりかねません。結果として、銀行カードローンでは、取引規約に一方的に減額出来るという条項が設けられているため、おまとめローン中に利用可能額に余裕が生じた場合は限度枠が減らされる危険性もあり、結果的に損をすることになってしまいます。