自動契約機で申込手続きをするメリット

大手の消費者金融はWEB完結申込を利用する事が出来るので来店不要でお金を借りれるようになっています。しかしネット上で申し込むのは不安があるという人も少なくないので自動契約機で申込手続きをする人も中にはいます。WEB完結申込を利用した方がいいと言われていますが、自動契約機で申込手続きをした方がメリットになる点もあります。そこで自動契約機で申込手続きをするメリットを挙げていく事にしましょう。

・融資スピードが早い

WEB完結申込を利用しても即日融資を受ける事が出来ますが、自動契約機で申込手続きをした方が融資スピードが早いです。自動契約機で申込手続きをすると契約完了後にキャッシングカードが発行されるのでその後すぐにATMを利用してお金を借りる事が出来ます。

・オペレーターと会話する事が出来る

自動契約機の中には契約機の他に電話が設置されているのでオペレーターと会話をする事が出来ます。契約機の画面のガイダンスの指示に従って操作していきますが、それだけでは分からない事もよくあります。そんな時に設置されている電話でオペレーターに質問すればスムーズの手続きが完了します。初めて利用する人でも問題ないのでメリットに感じる人も多いです。

銀行カードローンでおまとめローンした場合に行っておきたいこととは?

銀行カードローンでおまとめローンをすることは、貸金業法に基づくおまとめローンに比べ一本化出来る対象が増える上、低金利が魅力的になります。しかし、近頃問題視されているのが総量規制対象外の銀行カードローンで総量規制対象となる消費者金融の借り入れを纏めた場合、より高額な借金になる可能性です。

年収300万円の人が貸金業者から借り入れ出来る上限は100万円ですが、銀行カードローンに規制はなく100万円を借り換え、消費者金融から追加で100万円の借り入れが出来るということです。結果として、200万円の借り入れが出来てしまうことになります。

確かに重大な問題となるものの、銀行や保証会社も貸し倒れのリスクを回避することとなり、審査や与信状況の確認が今後は厳しくなる可能性があります。そのため、消費者金融からの借り入れをおまとめした際は、不要なキャッシング契約は一度解約してしまうことがおすすめになります。

この場合、消費者金融との契約が残っている状態では、いつでも借り入れが出来る状態と判断され、契約の更新や増額審査に不利になりかねません。結果として、銀行カードローンでは、取引規約に一方的に減額出来るという条項が設けられているため、おまとめローン中に利用可能額に余裕が生じた場合は限度枠が減らされる危険性もあり、結果的に損をすることになってしまいます。

キャッシングというのは主婦でもできるのか

主婦でもいきなりお金が必要になることがあるでしょう。多くの場合、主婦では貸してくれるところが殆どないといえるのですが、言うまでもありませんが、これは収入がないからです。ですから、主婦であろうともパートなどをしているのであれば貸してくれるところは意外とあります。

ですから、まずはパートをしているのかどうか、ということが大事になるといえるでしょう。そもそも収入がない人に貸してはいけない、というのは消費者金融です。ですから、銀行系というのは、まったく関係ないことになります。総量規制というのは、あくまで銀行系には適用されないことになっています。

しかし、だからといって銀行系であろうとも収入がない人には貸すことはないのです。あくまで安定している収入、ということを条件にしているところが殆どになりますから、これは覚悟しておきましょう。キャッシングサービスというのは、いざというときにお金を借りることができるようになります。

ですから、非常に助かるサービスであるのは確かでしょう。主婦でも使えるようにしておくことができるならば、それはそのほうが良いに決まっています。しかし、あくまで収入が必要になるのです。ここはよく理解しておきましょう。

バンクイックの審査基準について

三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申込手続きをすると即日融資を受ける事が出来るので銀行カードローンの中で一番人気があります。低金利なのでお金を借りる時の安心感もあるのも人気の理由です。しかし審査が可決されないと利用する事が出来ないのでバンクイックの審査基準についてしっかり確認していく事にしましょう。

・20歳以上65歳未満で安定した収入がある事が最低条件

バンクイックの利用条件は20歳以上65歳未満で安定した収入がある人となっているのでこの条件に該当している事が審査基準になります。安定した収入とは月に1回以上の収入があるという事です。数ヶ月に1回収入があるなどは年収が多くても収入が不安定と判断されて審査が否決されるので注意しましょう。

・他社借入が5件以下

バンクイックは返済能力がある事を重視するので他社借入が5件以下というのも審査基準となっています。他社借入が5件以上ある場合は審査が否決されるので注意が必要です。また他社借入が5件以下でも借入金額が多いと返済能力がないと判断されて審査が否決されるので注意しましょう。

バンクイックの審査基準はこのようになっているので申し込みをする時はしっかり頭に入れておきましょう。

アコムとプロミスの限度額の比較と利用する時の注意点

大手消費者金融のアコムとプロミスは融資スピードが優れていて申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。申込方法も自動契約機、インターネット、店頭窓口といろいろあるので自分の都合に合わせる事が出来るのですごく便利です。お金を借りる時は限度額も気になるところですが、アコムとプロミスの限度額の設定が異なるので見ていく事にしましょう。

・アコムの方が限度額が高く設定されている

アコムとプロミスの限度額を比較してみるとアコムが最大で800万円、プロミスが最大で500万円となっています。消費者金融でお金を借りる時は限度額が500万円でも十分ですが、多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムを利用した方がいいでしょう。

・金利が高く設定されているので借り過ぎには注意

多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムの方が適していますが、消費者金融は金利が高く設定されているので借り入れをする時に加算される利息が多くなります。多額の借り入れをして返済が長引いてしまうと返済が困難になる事もあります。。特に限度額が高く設定されているアコムを利用する時は借り過ぎに注意する必要があるのでしっかり頭に入れておきましょう。

カードローンとキャッシングの利用をする前に

最近キャッシングの広告がものすごく多くなってきました。

スマートホンでネットにつなげば、ほとんどのページからポップアップの広告から

銀行系カードローンのページに行きつくことができます。

銀行系カードローンは審査に要する書類が少なく、お手軽に借りることができるため

おそらく多くの人が利用していると思われます。

審査も高い金利のゾーン(10%以上)の融資額までは甘いと思います。融資額200万までは、

収入にもよりますが、主婦であっても審査を通ることが多いようです。

ただ、3%~5%の多額融資の場合は、まとめローンをうたっていても、ほとんど審査には通りません。

3件以上の借り入れがある場合は、まとめようとしてもまとめられないことがあることを、肝に銘じておきましょう。

こうしてみると、クレジットカードに付随しているキャッシング機能は、カードと連動していることもあり

お手軽で使いやすいかもしれませんが、金利も高く、ATM手数料も結構かかるため、銀行系カードローンによるキャッシングの方がやや

お得かもしれません。

ただ、使いやすいということはそれだけ債務も増えやすいということになります。「ご利用は計画的に」

というフレーズをよく耳にしますが、実際は「返済は計画的に」の感覚の方がいいかもしれません。

即日で借りることができる消費者金融

即日で借りることができる消費者金融は当然のように存在しています。しかし、あくまで借りている、ということになりますからキチンと耳をそろえて返済をする、という気概を持つ必要性があるでしょう。あくまで借りているお金である、というのは知っておくべき、自覚しておくべきでしょう。

キャッシングを使って返済が滞ってしまうとどうしても遅延損害金の支払いが必要になってきます。ですから、非常に損をすることになりますから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。はっきりいって無駄に支払うような利息は少しでも抑えるべきであるといえるからです。様々な事に使うことができるキャッシングサービスですが本当に困った時だけにする、ということにしておいたほうがよいでしょう。

それが最も無難な考え方であるといえます。但し、いつでも使える資金源がある、というのは有難いことでしょう。使えるサービスとして意識しておいたほうがよいことは確かといえるのです。

銀行のおまとめローンの審査は厳しいの?の本当の答え

ネットの情報を見ていると、1.銀行のおまとめローンと2.銀行のおまとめ目的のカードローンをゴッチャに考えて解説している人が多いので、キチンとした解説をします。

1.の銀行のおまとめローンはそもそも契約自体が違います。導入は東京スター銀行が1番はやく、消費者金融から借り換えに特化した銀行の融資という名目でスタートしました。返済方式は5年間の元利均等返済方式が主流で現在の残高スライドリボリビング払い方式とは全く違います。もっと言うと、融資が実行された後、銀行から直接消費者金融に返済するなど他の用途に使用することを厳しく制限していたローンです。

2.の銀行のおまとめ目的のローンは、単純に普通のカードローンの借入目的をその他にして、担当者に消費者金融からの借金を返すためですと伝えた場合のローンです。

1.と2.のどちらが審査が厳しいのかというと、ちょっと考えればわかることで、2.は普通のカードローンの審査と変わらない(ギャンブル目的よりは印象が少しいい程度)、2.は借入が返済目的に特化しているので、多少色眼鏡で見れるものの、返済後新たな借入を止められないのだから、こちらもそんなに変わらないと言えます。

因みに、現在は①のおまとめローン形式は余り意味がないので、スター銀行を含めこの形式のおまとめローンの新規申し込みは停止して、普通のカードローンにサービスを統合する流れが多くの金融機関で見られます。