楽天銀行スーパーローンを利用する時の2つの注意点

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込方法がネットのみになります。それによりスマホを持っていれば場所や時間を選ばないで申込手続きをする事が出来るのですごく便利なカードローンです。最近では楽天銀行の口座を持っている人も多いのでカードローンも楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時は注意点もしっかり確認していく必要があるので見ていく事にしましょう。

・お金が必要な日に間に合うように時間に余裕を持って申し込む

消費者金融のように即日融資に対応していればノープランで申し込みをしてもすぐお金を借りる事が出来ますが、楽天銀行スーパーローンが即日融資を受けるのが難しいので注意が必要です。審査が即日回答されると宣伝されていますが、実際は数日かかってしまうのでお金を借りる事が出来るのも遅くなってしまいます。楽天銀行スーパーローンを利用する時はお金が必要な日に間に合うように時間に余裕を持って申し込みましょう。

・楽天銀行の口座を持っていない人は口座開設しておく

楽天銀行スーパーローンの借入方法は振込キャッシングなので楽天銀行の口座が必要になってきます。持っている人は問題ありませんが、持っていない人はカードローンの申し込みをする前に口座開設しておきましょう。

キャッシングの返済サイクルに35日と指定日がある

キャッシングの返済方法として、口座引き落としを選べる金融業者ならば、毎月指定された日に返済を行えば問題ありません。しかし、金融業者によっては、口座引き落としによる返済を選ぶと、指定日しか認められずに毎回給料日前に返済日が来てしまうと厳しい上京になりかねません。

そこで、少なくとも毎月の返済日を給料日の直後に設定出来る金融業者を選ぶと良いでしょう。銀行カードローンでは、選択可能な日が少ない銀行が多いですが、消費者金融では5の倍数の日全てから選択可能な会社もあるので、最大6種類の返済日から選択可能です。

一方、口座引き落としによる返済を行なっていない金融業者からの借入では、専用ローンカードを使って提携ATM経由で返済することが求められています。キャッシングの返済サイクルとして専用ローンカードを使う場合には、共通して前回返済日から35日以内という縛りが付いています。

30日では土日祝日が入る可能性があるので、5日程度余裕を持って返済日サイクルが設定されているわけです。毎月決まった日時にキャッシングの返済を行なうと決めておけば、返済忘れを防止出来るでしょう。中には35日サイクル返済と口座引き落としを選択可能な金融業者もあるので、キャッシング申し込み前に確認しておくと良いです。

キャッシングのリボ払いのメリットについて

キャッシングの返済方法については様々ありますが、キャッシングのリボ払いは非常に便利なサービスといえます。リボ払いの場合は毎月の返済額が一定になるので、返済計画が立てやすいメリットがあります。月々の返済額に関しては、お支払コースや、利用残高によって変わってくるので、しっかりと把握しながらキャッシングのリボ払いを活用していくようにしましょう。

またリボ払いの場合でもお金に余裕ができた際に一括で返済したいと考える場合もあるのではないでしょうか。そのような場合はキャッシング業者に連絡をして一括返済を行うことも可能です。一括返済の受付はインターネットで行うこともできる業者もあるので、お金に余裕がある際は一括返済を行うことをお勧めします。

また月々の返済額を調整することも可能です。なるべく返済を早くすることが少しでもお得にキャッシングを利用できるポイントになりますが、月々の返済額を上げることも可能なので、検討してみることをお勧めします。このようにキャッシングの返済を自分でコントロールすることができるリボ払いは、様々なメリットがあります。しかし長い期間の利用はあまりお勧めできないので、早めの返済計画でキャッシングを利用するようにしましょう。

自動契約機で申込手続きをするメリット

大手の消費者金融はWEB完結申込を利用する事が出来るので来店不要でお金を借りれるようになっています。しかしネット上で申し込むのは不安があるという人も少なくないので自動契約機で申込手続きをする人も中にはいます。WEB完結申込を利用した方がいいと言われていますが、自動契約機で申込手続きをした方がメリットになる点もあります。そこで自動契約機で申込手続きをするメリットを挙げていく事にしましょう。

・融資スピードが早い

WEB完結申込を利用しても即日融資を受ける事が出来ますが、自動契約機で申込手続きをした方が融資スピードが早いです。自動契約機で申込手続きをすると契約完了後にキャッシングカードが発行されるのでその後すぐにATMを利用してお金を借りる事が出来ます。

・オペレーターと会話する事が出来る

自動契約機の中には契約機の他に電話が設置されているのでオペレーターと会話をする事が出来ます。契約機の画面のガイダンスの指示に従って操作していきますが、それだけでは分からない事もよくあります。そんな時に設置されている電話でオペレーターに質問すればスムーズの手続きが完了します。初めて利用する人でも問題ないのでメリットに感じる人も多いです。

銀行カードローンでおまとめローンした場合に行っておきたいこととは?

銀行カードローンでおまとめローンをすることは、貸金業法に基づくおまとめローンに比べ一本化出来る対象が増える上、低金利が魅力的になります。しかし、近頃問題視されているのが総量規制対象外の銀行カードローンで総量規制対象となる消費者金融の借り入れを纏めた場合、より高額な借金になる可能性です。

年収300万円の人が貸金業者から借り入れ出来る上限は100万円ですが、銀行カードローンに規制はなく100万円を借り換え、消費者金融から追加で100万円の借り入れが出来るということです。結果として、200万円の借り入れが出来てしまうことになります。

確かに重大な問題となるものの、銀行や保証会社も貸し倒れのリスクを回避することとなり、審査や与信状況の確認が今後は厳しくなる可能性があります。そのため、消費者金融からの借り入れをおまとめした際は、不要なキャッシング契約は一度解約してしまうことがおすすめになります。

この場合、消費者金融との契約が残っている状態では、いつでも借り入れが出来る状態と判断され、契約の更新や増額審査に不利になりかねません。結果として、銀行カードローンでは、取引規約に一方的に減額出来るという条項が設けられているため、おまとめローン中に利用可能額に余裕が生じた場合は限度枠が減らされる危険性もあり、結果的に損をすることになってしまいます。

キャッシングというのは主婦でもできるのか

主婦でもいきなりお金が必要になることがあるでしょう。多くの場合、主婦では貸してくれるところが殆どないといえるのですが、言うまでもありませんが、これは収入がないからです。ですから、主婦であろうともパートなどをしているのであれば貸してくれるところは意外とあります。

ですから、まずはパートをしているのかどうか、ということが大事になるといえるでしょう。そもそも収入がない人に貸してはいけない、というのは消費者金融です。ですから、銀行系というのは、まったく関係ないことになります。総量規制というのは、あくまで銀行系には適用されないことになっています。

しかし、だからといって銀行系であろうとも収入がない人には貸すことはないのです。あくまで安定している収入、ということを条件にしているところが殆どになりますから、これは覚悟しておきましょう。キャッシングサービスというのは、いざというときにお金を借りることができるようになります。

ですから、非常に助かるサービスであるのは確かでしょう。主婦でも使えるようにしておくことができるならば、それはそのほうが良いに決まっています。しかし、あくまで収入が必要になるのです。ここはよく理解しておきましょう。

バンクイックの審査基準について

三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申込手続きをすると即日融資を受ける事が出来るので銀行カードローンの中で一番人気があります。低金利なのでお金を借りる時の安心感もあるのも人気の理由です。しかし審査が可決されないと利用する事が出来ないのでバンクイックの審査基準についてしっかり確認していく事にしましょう。

・20歳以上65歳未満で安定した収入がある事が最低条件

バンクイックの利用条件は20歳以上65歳未満で安定した収入がある人となっているのでこの条件に該当している事が審査基準になります。安定した収入とは月に1回以上の収入があるという事です。数ヶ月に1回収入があるなどは年収が多くても収入が不安定と判断されて審査が否決されるので注意しましょう。

・他社借入が5件以下

バンクイックは返済能力がある事を重視するので他社借入が5件以下というのも審査基準となっています。他社借入が5件以上ある場合は審査が否決されるので注意が必要です。また他社借入が5件以下でも借入金額が多いと返済能力がないと判断されて審査が否決されるので注意しましょう。

バンクイックの審査基準はこのようになっているので申し込みをする時はしっかり頭に入れておきましょう。

アコムとプロミスの限度額の比較と利用する時の注意点

大手消費者金融のアコムとプロミスは融資スピードが優れていて申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。申込方法も自動契約機、インターネット、店頭窓口といろいろあるので自分の都合に合わせる事が出来るのですごく便利です。お金を借りる時は限度額も気になるところですが、アコムとプロミスの限度額の設定が異なるので見ていく事にしましょう。

・アコムの方が限度額が高く設定されている

アコムとプロミスの限度額を比較してみるとアコムが最大で800万円、プロミスが最大で500万円となっています。消費者金融でお金を借りる時は限度額が500万円でも十分ですが、多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムを利用した方がいいでしょう。

・金利が高く設定されているので借り過ぎには注意

多額の借り入れをする時は限度額が高く設定されているアコムの方が適していますが、消費者金融は金利が高く設定されているので借り入れをする時に加算される利息が多くなります。多額の借り入れをして返済が長引いてしまうと返済が困難になる事もあります。。特に限度額が高く設定されているアコムを利用する時は借り過ぎに注意する必要があるのでしっかり頭に入れておきましょう。